空気環境測定を行うことの必要性や重要性を解説

特定建築物として指定されている3,000平方メートル以上ある店舗や事務所などに使われる建物や8,000平方メートル以上ある学校は、ビル管理法という法律によって管理方法が決められています。特定建築物はビル管理法によって建築物環境衛生管理技術者の選出や空気環境測定という施設内の空気環境の調査を年間で6回は行うことが義務付けられています。そして、この施設内における空気環境の調査は建築物環境衛生管理技術者が依頼をした業者によって行われるのです。また、測定方法も決められており、各階ごとに居室の中央部の床上75cm以上150cm以下の位置で測定器を用いて調査が行われます。その際には施設内の温度や湿度などはもちろんのこと空気に含まれている浮遊粉じんの量やホルムアルデヒドの量、一酸化炭素や二酸化炭素の濃度、そして気流まで細かく調査されます。

特定建築物の施設内の空気環境を定期的に調べる必要性

特定建築物に指定される建物は店舗や遊戯施設、オフィスなどが数多く入った大規模な商業施設や多くの生徒を抱える学校ばかりです。そして、こういった敷地面積の広い大規模な建物というのは室内の空気を取り入れることができるような開閉可能な窓が取り付けられていることが少ないのです。そのため、空調設備を使用することで施設内の空気を循環させたり温度の管理をしたりしている建物がほとんどなのです。また、地下にあるフロアの場合には当然のことながら空調設備を使用しなければ、安全に人が過ごせる環境ではなくなってしまいます。人が生きていく上で空気はなくてはならない存在です。ですから、特定建築物に指定されるような敷地面積の広い大規模な建物では、仕事やプライベートなどで施設を利用する人々が安全で快適に過ごせるように空気環境測定が必要不可欠になるのです。

人の命と健康を守るために空気環境を調査することは重要

一般的な住宅の場合には窓や隙間などを通じて空気の入れ替えを行うことが可能ですし、空調設備を使っていたとしても故障が起きれば発生する臭いなどですぐにわかるはずです。しかし、開閉できる窓がほとんどなく密閉性が高いような特定建築物の場合には、空調設備を使わなければ新鮮な空気を循環させることや適切な温度や湿度を保つことはできません。そして、一般的な住宅とは違って大規模な建物では空調設備が故障したとしてもすぐに気づくことは難しいのです。また、一酸化炭素や二酸化炭素の濃度が高くなっていたり、浮遊粉塵やホルムアルデヒド、カビなどの量が増えていることに気づかなければ、施設内で活動している人々の生命や健康面を脅かしてしまうことになるのです。ですから、多くの人々が集まる特定建築物において人の命と健康を守るためにも空気環境測定が重要になってくるのです。

ページトップへ戻る